一戸建てを購入するにあたって、物件や住宅を知る

ヘッドライン

一戸建てを購入する際の経路として、不動産屋などが仕入れてきた土地に新築住宅を建て…

続きを読む

物件を売買するにあたって、確実に不動産屋の存在を抜きにして語ることは不可能である…

続きを読む

一戸建て住宅を建てたいといった場合、まずは土地を用意する必要がある。ちなみに、不…

続きを読む
漠然としたイメージではなく、確固たるイメージが必要です。

新着情報

2013/10/15
建売住宅を更新
2013/10/15
不動産屋を更新
2014/01/20
土地を更新

セレクション

tateuri

建売住宅

一戸建てを購入する際の経路として、不動産屋などが仕入れてきた土地に新築住宅を建てて土地とセットで販売するのが建売住宅である。建売住宅ならば最初から場所そのものが完成していることもあったりするため、購入…

続きを読む

定義

jyuutaku

人間が家庭生活を営むにあたって、ひとつの世帯が独立していられるように建築されたもの。
それが、住宅である。

この際、一戸建てであってもアパートであっても、コンクリート壁や板壁などで、他の空間と完全に遮断されている必要が有る。
この状態のことを、「完全に区画された状態」としている。

そして、ひとつの世帯が独立して家庭生活を営むことが出来る建物であるためには一定の条件を満たす必要が有る。
居住室がひとつ以上はある状態であること。
そして、専用の台所、専用のトイレ、専用の出入口の全てが確保されていること。
ここで呼ぶ「専用」とは、共用の設備であっても他の世帯の居住室を通る必要がなく、いつでも使用できる状態を指す。

この要件さえ満たしていれば、実際に人が住んでいなくても住宅として定義される。

空室

kuushitu

条件さえ満たしていれば、住宅として物件は成立する。
そこに人間が実際に居住している必要はない。

そして、実際に居住していない状態の物件を比較するとこれも様々な状態に分類することが出来る。
大きく分ければ、一時的に人がいるが普段からは定住されていない住宅、空き家、建築中、となる。

ここでいう「空き家」は、大きく分ければ「二次的住宅、賃貸用住宅、売却用住宅」と、その他のものに分けることが可能である。
週末や休暇時に保養や避暑避寒の目的などで一時的に利用されるが、普段人が住んでいない別荘も大きく言えば空き家と定義される。
また、日常の家に加えて仕事の関係で寝泊まりするなど、セカンドハウス的にたまに寝泊まりする住宅も空き家とされる。

また、賃貸用や売却用の空き家は現状入居者がいない状態の空室状態となっているといえる。

そして、建築中の住宅に関しても戸締まりが出来る状態ならば空き家といえ、棟上げや外壁が完成していて戸締まりが出来るまでには至っていなければ居住世帯のない住宅だといえる。

立地

住宅を建設するにあたっては、用途地域に気をつける必要が有る。
空いている土地を購入して好き放題に建物を建設することはできないのである。
住宅に関しては、12種ある用途地域の中では工業専用地域でなければどこでも建築しても問題はない。
しかしながら、結果として生活環境に影響がある可能性を考慮する必要が有るといえる。

用途地域は、その地域の土地利用をある程度まとめることで業務円滑化、業務推進を狙ったものである。
よって、用途地域を見てその場所を判断することも重要であるといえる。

用途

土地利用方法はある程度まとまっている方が、どの物件もその効果と目的を最大限発揮できるといわれている。
だからこそ、住居専用地域や、住居地域、そして商業地域や工業地域という4種類に大別された用途地域が設定されているのである。

この4種類をさらに細かく分割すると、最終的には12種類の地域区分となる。
住宅を建築するのであれば、その12種類の特色を知ることが重要なのである。

低層住居専用地域であれば、住宅や幼稚園などの教育施設、後は診療所などが建設できるのみである。
二種低層住居専用地域ならば床面積150平米以内の店舗や飲食店が建てられるとはいえ、居住性は高い反面利便性は低下する可能性があるともいえる。

中高層住居専用地域であれば、加えて床面積500平米以内の店舗や飲食店が展開できるようになる。
高層住居専用地域になれば、2階以下だという縛りはあるが、店舗飲食店や事務所等がかなり自由に展開できる。

住居地域には、これらの他にホテルやカラオケ、さらに小さなものなら劇場を建設することも可能となる。
結果として、こういったエリアに住宅を構えると、便利な暮らしができる可能性があるが住みにくくなる可能性があるといえる。

「商業地域や、工業専用地域を除く工業地域」に住宅を建設することもできるが、住宅以外のものを建てられるのがこういったエリアに限られるという点を忘れてはならない。
建設できるものに選択肢ができる分、居住性が低下するのである。
工業地域や工業専用地域では教育機関、またホテルや映画館なども建ててはならない。
さらに、工業専用地域となると住宅や飲食店も建設不可能となる。